お役立ちコンテンツ 連載記事

看板嬢とは?【執筆中】

投稿日:

Pocket

「看板嬢」
そのお店において人気、または常時ランキング入りしている女の子、ナンバーキープ、PRしていきたい女の子であるとされることが多いです。目立つので集客の中心であることもあります。あのお店といえば、○○ちゃん(看板嬢)がいる、と思われる対象でもあります。リフレ店で看板嬢であるためには、”指名数が多い”や”売上が多い”だけでは十分ではなく、そのお店の哲学(方向性?)や特徴を体現する存在でなければなりません。体験に来たキャストにとっては見本であり、同僚のキャストにとっては参考であり、新規の客にとっては憧れであり、常連客にとっては戻るべき場所なのです。
(なぜ“リフレ店の看板嬢”にそのような役割が担わされているかと言えば、リフレ店という業態が非常にわかりにくくグレーな業態だからです。キャバクラやデリヘルであればサービスが価格によって決まっていて、同価格帯の店の差といえばコンセプトであるとか、コンセプトからくる店内装飾や衣装でしかなく、キャストはそのお店が設定した枠の中で競争するわけです。NO.1と言えども決められた枠内で競争をしている以上、どんなに好成績を収めてもキャストの評価がお店の評価を越えることは基本的にないわけです。)一方、リフレ店はその店がどのような“サービス内容”を基本としているのかが最も大きな特徴であるにも関わらず、そのことを店として明文化しているお店はありません。それは、そのお店を代表する“看板嬢”が身をもって体現してお店のプレゼンスを示している訳で、いわば“看板嬢=お店”なのです。なので、リフレ店の看板嬢とは他の業態の看板嬢とは比べ物にならないほどの重責であり、おのお店の盛衰を握る存在だといっても過言ではありません。お店からあなたは看板嬢だから嫌なことがあったらなんでも言って、頑張ってね。と言われると、素直に嬉しいです。PRされることに有り難さを感じますし、推してくれていることが当たり前にならないように気をつけようと思っています。ただ、周りから見ればこの推されるという行為は、ちやほやされているだけと思われがちですが、やはり「あなたは看板嬢だから」と言われると、少なくも責任を感じます。いきなり長期間無断で休みたくても、お客様の出勤リクエストに応えるためには出勤を続けなくてはならなかったり、いつのまにか生活していて考えることはまずお店のためにどう行動するかが基準となっていました。更に、もし、看板嬢のその役割をちょっと過度なサービスをして売上や指名を伸ばすようなキャストが担うとしたら、そのお店や他のキャストが迷惑してしまいます。リフレ店の看板嬢は、指名や売上が多いことは勿論のこと、お店の哲学(方向性?)や特徴を正しく理解し、体現する存在であることが求められる気がしていて、責任感の強い子が多いと考えています。

-お役立ちコンテンツ, 連載記事

Copyright© 池袋派遣型リフレJKMAX , 2021 All Rights Reserved.