JKMAX Zoomガールズバー

JKMAXZOOMガールズバーに参加した感想!byぴの

投稿日:

Pocket

お疲れ様です!
ZOOMについての私の感想や意見をまとめました
殴り書きと長文でごめんなさい🙇🏻🙇🏻


⚪️感想

有名な配信アプリだと、1対◯◯人だけど zoomは 複数人の会話を複数人が聞くことができるから、何かをするというネタがなくても女の子同士の会話を聞いてこの子気になるなぁというのもありだなと思います。

そして有名な配信アプリは不特定多数の人がみているからこわいけれど
この間参加してみて ZOOMならパスワードを打ち込んで参加の形になるので 女の子もお客さんもプライバシーが守られる。

配信する というよりも直接お話しできるDMみたなイメージだと、気軽にできそう。

自粛関係なく遠くにいてなかなか会いに来れない
人もお話できたらお互い嬉しい。

私は会えない間にお客さんに忘れられていないかと心配になります😭

この自粛期間で会いに来ようと思ってくれても会いに来ていただくのが厳しいお客さんもいると思いますし、
気になっていた子と気軽に話せたり、その上40分のフリー券をつけたり といいなと思うことがたくさんで素敵な企画だなと思います。


⚪️話題になってる「オンラインキャバクラ」

「オンライン キャバクラ」で検索をかけてみると
人の温もりがないから意味がない。ZOOMキャバクラはZOOM専門だけなので会えない。
など割と否定的な意見が多いのが見受けられました💦

他の女の子の意見を読んだら 接触なしで楽しむシステムと考えると、単価に見合ったことをしなくてはプレッシャーを感じてしまう子が少し多い気がしました😭
(私もその1人、、、、)

しかし、MAXはそれでこれからずっと経営?していくわけではなく、自粛で自宅から出れない女の子やお客さんが会える場所になるから一石二鳥だし、
今の期間ZOOMでお話をして そこでゲットした40分のフリーパスで

「会いに来れる。」
←ここをメインとして押せたら........😳✨

ZOOMをきっかけに女の子もお客さんも盛り上がれる可能性があるし、そこで気になる子が新たに増えたらお客さんの楽しみも増えそうです!

逆の立場で考えて もしも自分がホストクラブなどに通っていたとして、

お店が営業していなければ、会えない間も話したいなと思うし 行けない間に配信などがあるなら 固定の推しが居て普段は会わないような違うキャストさんのことも少し見てみたいなと思うのではと思いました!


⚪️短所と自分なりの解決策の提案

① ショールームやラインライブはツイッターで簡単に共有でき、アカウントがなくても簡単に聞くことができる
➡️他とは違って不特定多数の人が見ることができないのでプライバシーが守られているということを全面に押す。

②配信中のボタンの機能や入り方など、実際やってみるとわからないことばかりだったから如何に参加しやすくするか。
➡️画面録画等でアカウント作成のやり方、配信の聞き方などを一通りあげる。
お店に聞きにくい方もいるかもしれないから、女の子に聞いても説明できるように女の子もシステムをよく理解できたら完璧ですね💪🏻

③最初は無料にするという意見を見かけたけれど、数人から2ショットへの移行(課金)
➡️リフレ経験日数浅すぎてどうしたらいいかわからないです....😭

④他の女の子と話す機会がなかなかないから緊張してしまう子も多そう
➡️始める前にZOOM出勤予定の子だけの空間をZOOMでつくって、軽く自己紹介したり雑談をする (打ち解けていざお客さんが来てくれた時に話しやすそう!)


⚪️提案

☆ZOOMの流れ

①決めたお題でお話する。何かネタをやってみる。(ここは無料?)
②参加したお客さんは気になる子を指名する
③そこから2ショット(金額)
お話したりオプションをする

オンラインガールズバーというコンセプトだからみんなで話すのがメインだけれど、
もし動画でなにかできる子がいるなら2ショットの時にそれが強みにもなるし、楽器や歌など音楽系のことが得意な子は配信でアピールすることも出来る。

数人で話すと話題に困ることもあると思うので、来てくださったけれど聞く専門のお客さんとかにチャットなどでお題を決めてもらって話し合う。 (そのお客さんも聞くだけ以外にも参加することが出来る!)

コスプレやオプションなど楽しませることも頑張りつつ、女の子の普段の日常を見せる。
(髪の毛を乾かしてる時や、メイクしてる時、)

ゆる〜くみんなで始めるならみんなで絵しりとりとかもかわいいかもしれないですね☺️



⚪️
話は逸れるけど、営業という意味でなくても
お店をよくするために女の子や桑田さんの意見を話し合う会議を月1などでZOOMでするのもいいなと思いました☺️



⚪️ZOOMの時の話し合いで参加出来なかった、スケジュールのお話

第2回JKMAXZOOMガールズバー練習②スケジュールで予約状況が晒されることについて

他のお店がどういう感じなのかはわからなかったけれど、まず1番にびっくりしたのは、色で「予約がいっぱい」とか「予約が1つもきていない」などが丸代わりになっていることです。

晒されているような気分で少し恥ずかしかったけど 
恥ずかしいと思う黒だと「頑張らなきゃ」「回転でもっと印象残せたらいいな」と奮い立たせられるし、青だととても嬉しい気持ちになり
やる気が上がります。  

あとは赤の子を見てその子のツイートを見てお勉強したり、刺激を与えられてます.....😂笑

お客さんの立場で考えると 「この子空いてるからこの時間に入ろう!」「この子、○日はこの時間まで入ってるんだなぁ」とわかるのでお店に確認しなくてもいいし被っていて調整しなくてはいけない ということがなくなるので遊びにきやすそうだなと思いました。

お店の立場で考えると予約の無駄なやりとりが省けて効率がよくなりそうです🤔



⚪️最後に

オンラインガールズバーやキャバクラ等は検索をかけると話題にはなってるもののみんな手探りだから どんどんやってみて案を出し合って修正していくのもありだなと思いました。
私も更に、調べて考えてみます✨

技術革新を起こすには「これがあったら便利だな」という思いつきを「数撃てば当たる」方式でとにかくテストしてみるしかありません。膨大なアイディアを片っ端から実験しまくる中で、とんでもないイノベーションの宝箱の蓋が空いたりします😳✨

本田宗一郎だって盛田昭夫だって、何百、何千どころか万単位のトライ&エラーを繰り返してきたに違いありません。圧倒的な数の思い付きと圧倒的な努力と圧倒的な失敗によって、彼らは世界をアッと驚かせるイノベーションを実現してきました💪🏻

でもここ最近の日本を見ていると、とてもではありませんがイノベーションが生まれやすい土壌とはいえません。突拍子もないアイディアが浮上したところで、保守的で新しい文化にアレルギー反応を起こす老害達が「前例がない」「実現可能性が低い」「流行らない」などと潰しまくり、足を引っ張りまくり、アントレプレナーシップの芽をことごとく摘んでしまいましたが、JKMAXは周りの目を気にせず徹底的に新しいことをやり続けて欲しいと思いました🙇🏻🙇🏻

夜分遅く、長くなってすみません💦💦

-JKMAX Zoomガールズバー

Copyright© 池袋派遣型リフレJKMAX , 2020 All Rights Reserved.